新サービスIDCFクラウドのベンチマーク~IDCF従来のサービスやニフティクラウドType-eとの比較

2014年10月15日、IDCフロンティアのIaaSサービスが全面的に刷新され、新しく「IDCFクラウド」がリリースされました。

(参考)IDCフロンティア、よりパワフルな新クラウドサービス「IDCFクラウド」を提供開始 – CNET Japan
http://japan.cnet.com/release/30083616/

さっそく、僕がよく使うローエンドのサーバーのベンチマークをとり、従来の「IDCフロンティアセルフクラウド」やほぼ同時期にリリースされた「ニフティクラウドType-e」と比較してみました。

従来の「IDCフロンティアセルフクラウド」との機能面の違いや、従来のサービスからのサーバー移行方法については、別記事を参照してください。

・新サービスIDCFクラウド~従来の「IDCフロンティアセルフクラウド」との違い
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20141031/idcfcloud.html

以降、わかりやすいようベンチマーク結果の中では、IDCフロンティアの新サービス「IDCFクラウド」を「新IDCF」、従来のサービス「IDCフロンティアセルフクラウド」を「旧IDCF」と記載します。

isdベンチマークテストの基本的な条件

  • ベンチマーク計測対象のサーバースペックは、各サービスの1vCPUメモリ2GB、1vCPUメモリ4GB、2vCPUメモリ4GB、4vCPUメモリ8GBの4種類
  • 使用ゾーンは、旧IDCFが東日本リージョンjp-east-t1v、新IDCFが東日本リージョンtesla、ニフティクラウドが東日本リージョンeast-14
  • 計測対象のサーバーOSは、CentOS 6.5 (64bit)
  • ベンチマークツールは、サーバー(CPU)性能計測のunixbench、ディスク性能計測のdbench
  • 計測日は2014年10月23日、10月29日

表やグラフの「月額料金」は税抜の金額で、標準ディスクの料金を含みます。
標準ディスクのサイズは、新旧IDCFが15GB、ニフティクラウドは30GBです。

ニフティクラウドは、サーバータイプ名に e- がついているほうが高コストパフォーマンスモデルの「Type-e」、ついていないほうが高スペックモデルの「Type-h」です。

なお、unixbenchについては、IDCフロンティア技術ブログで「Execl Throughputを除外すべき」という記事がありましたが、今回の計測では「Execl Throughputを除外する/しない」でスコアの傾向の違いが見られなかったので、「Execl Throughputを除外しない」いつもと同じunixbench Indexテストのスコアを記載します。

(参考)
IDC Frontier Engineers’ Blog 新しくなったIDCFクラウドの性能と注意点
http://www.idcf.jp/blog/cloud/unixbench3/

isdIDCF新旧サービスの比較

IDCFの新旧サービスの、同じサーバータイプの性能を比較します。

サーバー性能(CPU性能)unixbench比較

サーバータイプ、スペック 月額料金(税抜) single cpu multi cpu
新IDCF S2 0.8GHz x 1vCPU, メモリ2GB 3,500円 487.6
旧IDCF S2 1.6GHz x 1vCPU, メモリ2GB 5,926円 817.6
新IDCF S4 2.4GHz x 1vCPU, メモリ4GB 5,600円 1485.9
旧IDCF S4 1.6GHz x 1vCPU, メモリ4GB 10,783円 803.2
新IDCF M4 2.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 9,500円 1680.1 2636.7
旧IDCF M4 1.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 13,831円 1300.9 1459.0
新IDCF L8 2.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 18,600円 1797.3 4298.9
旧IDCF L8 1.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 37,113円 1460.4 2542.9

グラフはこちら(図をクリックすると大きく表示されます)。

unixbench 新旧IDCFの比較
unixbench 新旧IDCFの比較

新旧サービスの結果を比べると、S2は新サービスではLightプランに含められ、公表CPUクロックが1.6GHzから0.8GHzと下がっていることが影響したようで、旧サービスよりも低い値となりました。
一方、S4、M4、L8については、旧サービスよりもかなりよい値となりました。

ディスク性能 dbench比較

サーバータイプ、スペック 月額料金(税抜) dbench 1 dbench 4
新IDCF S2 0.8GHz x 1vCPU, メモリ2GB 3,500円 113.297 148.398
旧IDCF S2 1.6GHz x 1vCPU, メモリ2GB 5,926円 134.257 214.462
新IDCF S4 2.4GHz x 1vCPU, メモリ4GB 5,600円 220.860 504.157
旧IDCF S4 1.6GHz x 1vCPU, メモリ4GB 10,783円 143.243 216.856
新IDCF M4 2.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 9,500円 206.034 540.338
旧IDCF M4 1.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 13,831円 135.834 311.575
新IDCF L8 2.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 18,600円 214.317 623.962
旧IDCF L8 1.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 37,113円 127.122 288.893

グラフはこちら(図をクリックすると大きく表示されます)。

dbench 新旧IDCFの比較
dbench 新旧IDCFの比較

傾向としてはunixbenchと同じで、S2は旧サービスのほうがよく、S4、M4、L8は新サービスのほうがかなりよい値となりました。
とくに、同時実行4の新旧サービスの差は大きいです。
ここには記載していませんが、レイテンシは旧サービスは10msec~300msecとばらつきがありますが、新サービスは、ほぼ10msec以内と低い遅延で安定していました。

例えば、アクセス数はそれほど多くないけれども、WordPressなどを使用していてDBが必要なWebサイトの場合、僕はS2をおすすめするケースが多かったのですが、新サービスのS2のこの結果は少し心許ないです。
今後は、S2ではなく、S4をおすすめすることになると思います。
それでも、旧S2(月額6,790円)、新S4(月額5,600円)と、サーバーの料金は従来より安くすみます。

M4、L8については、サーバーの性能が大幅に上がるうえに、月額料金がM4は5,000円以上、L8は18,000円以上安くなるのでかなりお得です。

isd新IDCFとニフティクラウドの比較

IDCFの新サービスとニフティクラウドType-e(とついでにType-hも)の、CPU数とメモリサイズが同じサーバータイプの性能を比較します。

サーバー性能(CPU性能)unixbench比較

サーバータイプ、スペック 月額料金(税抜) single cpu multi cpu
新IDCF S2 0.8GHz x 1vCPU, メモリ2GB 3,500円 487.6
ニフティクラウド e-small2 1vCPU, メモリ2GB 8,700円 915.9
ニフティクラウド small2 1vCPU, メモリ2GB 17,280円 1807.8
新IDCF S4 2.4GHz x 1vCPU, メモリ4GB 5,600円 1485.9
ニフティクラウド e-small4 1vCPU, メモリ4GB 9,500円 918.3
ニフティクラウド small4 1vCPU, メモリ4GB 24,200円 1796.3
新IDCF M4 2.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 9,500円 1680.1 2636.7
ニフティクラウド e-medium4 2vCPU, メモリ4GB 15,000円 1569.4 1534.4
ニフティクラウド medium4 2vCPU, メモリ4GB 33,400円 1803.0 3016.3
新IDCF L8 2.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 18,600円 1797.3 4298.9
ニフティクラウドe-large8 4vCPU, メモリ8GB 25,000円 1787.6 2547.1
ニフティクラウドlarge8 4vCPU, メモリ8GB 63,360円 1879.2 4821.5

グラフはこちら(図をクリックすると大きく表示されます)。

unixbench 新IDCFとニフティクラウドの比較
unixbench 新IDCFとニフティクラウドの比較

新IDCFとニフティクラウドを比べると、まず、1vCPUメモリ2GBについては、新IDCF S2はCPUクロックを抑えたLightプランのため、ニフティクラウドType-e、Type-hに比べて60%程度の低い値となりました。
1vCPUメモリ4GB, 2vCPUメモリ4GB, 4vCPUメモリ8GBについては、
ニフティクラウドType-h > 新IDCF > ニフティクラウドType-e
となりました。

なお、ニフティクラウドType-eのe-medium4については、以前計測した際にも発生した「multi-cpuのスコアがsingle-cpuよりわずかに低い値」がまた発生しました。

(参考)ニフティクラウド新サーバータイプType-eのベンチマーク
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20141003/nifty_cloud_type-e_benchmark.html

ディスク性能 dbench比較

サーバータイプ、スペック 月額料金(税抜) dbench 1 dbench 4
新IDCF S2 0.8GHz x 1vCPU, メモリ2GB 3,500円 113.297 148.398
ニフティクラウド e-small2 1vCPU, メモリ2GB 8,700円 287.062 379.298
ニフティクラウド small2 1vCPU, メモリ2GB 17,280円 289.518 615.542
新IDCF S4 2.4GHz x 1vCPU, メモリ4GB 5,600円 220.860 504.157
ニフティクラウド e-small4 1vCPU, メモリ4GB 9,500円 286.522 380.985
ニフティクラウド small4 1vCPU, メモリ4GB 24,200円 300.971 648.73
新IDCF M4 2.6GHz x 2vCPU, メモリ4GB 9,500円 206.034 540.338
ニフティクラウド e-medium4 2vCPU, メモリ4GB 15,000円 285.638 664.890
ニフティクラウド medium4 2vCPU, メモリ4GB 33,400円 293.892 762.183
新IDCF L8 2.6GHz x 4vCPU, メモリ8GB 18,600円 214.317 623.962
ニフティクラウドe-large8 4vCPU, メモリ8GB 25,000円 314.510 852.798
ニフティクラウドlarge8 4vCPU, メモリ8GB 63,360円 312.293 841.666

グラフはこちら(図をクリックすると大きく表示されます)。

dbench 新IDCFとニフティクラウドの比較
dbench 新IDCFとニフティクラウドの比較

新IDCFとニフティクラウドを比べると、unixbenchと同様、1vCPUメモリ2GBについては、新IDCFはニフティクラウドに比べてかなり低い値となっています。

1vCPUメモリ4GB, 2vCPUメモリ4GB, 4vCPUメモリ8GBについては、
ニフティクラウドType-h > ニフティクラウドType-e > 新IDCF
となりました。
ただし、新IDCFのS4(1vCPUメモリ4GB)については、同時実行4のみ、ニフティクラウド「Type-e」を大きく上回る値となりました。

実は、新IDCFのdbenchスループット値もIaaSの中ではかなりよいほうなのですが、ニフティクラウドのディスクは相当速く、僕がいろいろ試した中でも断トツの値です。
ニフティさんはストレージ性能にこだわっているといえるでしょう。

(参考)IaaSクラウドのサーバーベンチマーク比較
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20131204/cloud_server_benchmark.htm

isdまとめ

IDCフロンティアから新しくリリースされたIaaSサービス「IDCFクラウド」の主にローエンドのサーバータイプに対してベンチマークをとり、IDCフロンティアの旧クラウドサービスの同タイプのサーバーと性能を比較しました。
また、ほぼ同時期にリリースされた、ニフティクラウドの高コストパフォーマンスモデル「Type-e」および高スペックモデル「Type-h」のCPU数、メモリが同じタイプのサーバーとも性能を比較しました。
その結果、以下のことがわかりました。

  • 「IDCFクラウド」は、旧サービスのサーバーに比べて料金は安くなり、かつ性能がよくなった。コストパフォーマンスが大幅にアップしたといえる。
  • 「IDCFクラウド」とニフティクラウド「Type-e」を比べると、CPU性能は「IDCFクラウド」のほうがよく、ディスク性能は「Type-e」のほうがよかった。料金は「IDCFクラウド」のほうが安いので、今回のベンチマークテスト条件においては、「IDCFクラウド」のほうがコストパフォーマンスがよいといえる。
  • ニフティクラウド「Type-h」は、高価なぶん、もっとも性能がよかった。
  • 「IDCFクラウド」のサーバータイプS2はLightプランとなったため、サーバー性能、ディスク性能ともあまりよくない。MySQLなどのDBサーバーを搭載する場合は、S4を使用したほうがよいと思われる。

このベンチマークの結果が、サーバー性能のすべてを表すものではなく、サーバーに搭載するシステムやWebサイトのパフォーマンスに必ずしも比例するわけではありません。
また、IaaSクラウドの選定においては、サーバー性能以外にも、可用性、RDBやVPNなど、必要となる機能の有無、サポートの対応など、さまざまな要素を考慮すべきでしょう。
IaaSクラウドを比較する際のひとつの要素として、参考まで。

(関連記事)
・IaaSクラウドサーバーのベンチマーク(2016年9月版)
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20160921/iaas_cloud_benchmark_201609.html

・新サービスIDCFクラウド~従来の「IDCフロンティアセルフクラウド」との違い
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20141031/idcfcloud.html

・ニフティクラウド新サーバータイプType-eのベンチマーク
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20141003/nifty_cloud_type-e_benchmark.html

・IaaSクラウドのサーバーベンチマーク比較
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20131204/cloud_server_benchmark.htm

・IDCFクラウド 新しくなったS2プランのベンチマーク
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20151030/idcfcloud_news2_benchmark.html