isd業務内容

  • クラウドサーバーの設計・構築
  • サーバー移行作業
  • サーバーに関わる設定作業全般
  • Webサイト、ITシステムのセキュリティ強化、性能改善調査・支援
  • 継続的なサーバー運用支援とコンサルティング
  • サーバー保守

業務実績ページもご参照ください。

isdポイント

  • オンプレミス・クラウド上のWebサイト、Web+DBシステムのサーバー構築・運用経験があります(約15年)。
  • サーバー専門エンジニアとしての経験を活かし、セキュリティ・可用性・性能・拡張性・運用継続性やお客様のご予算・要件を考慮のうえ、サーバーインフラ設計・設定を行います。
  • CentOS/Amazon Linux, Apache/Nginx, MySQL等、極力、標準的なLinuxディストリビューションやOSSミドルウェアで構成します。
  • 納品後にお客様のアプリケーションエンジニアやサポートエンジニアがご自身でカスタマイズできるよう、設計書や詳細な設定手順書をお渡しします。
  • 「サーバー構成方針のご提案のみ」「サーバー構成の設計のみ」「サーバーOS初期設定やミドルウェアの設定のみ」「特定ソフトウェアのインストールのみ」といった特定フェーズのみの業務も承ります。
  • 継続的なサーバー運用支援で、セキュリティパッチ適用と性能監視、性能改善のご提案・設定変更を行います。
  • サーバー保守については、自動監視ツールを導入し、リソース不足を事前に検知し、対応します。また、障害発生時に復旧作業を行います。随時、ご依頼に応じて必要な設定作業を行います。

isdこんなときはぜひご相談を!

isdサーバーをクラウド・VPS・レンタルサーバーの外部サービスに移行したい。

  • 特定のサービス業者にこだわらず、Amazon Web Services, Google Cloud Platform, IDCFクラウド, Alibaba Cloud, さくらのクラウド, さくらのVPS, NTTCom Cloudn, XSERVER, さくらのレンタルサーバー, mixhost等、お客様のご予算・要件に適したサービスの利用をご提案・構築いたします。
  • 移行元と移行先は、オンプレミス、レンタルサーバー、VPS、クラウドのいずれも対応可能です。

isdWebサイトのサーバー設定方法がわからない。サーバー管理者がいない。

要件に応じて、サーバー設定作業を行います。

  • ドメイン取得、DNS設定、Apache, Nginx等のドメイン設定
  • SSLサーバー証明書の取得・設置・更新
  • WordPress, Movable Type, EC-CUBE動作環境の構築
  • メール送信設定
  • セキュリティアップデート
  • アプリケーションの動作に必要なソフトウエア、モジュールのインストール

isdWebサイトのアクセス増に伴いページの表示速度やサーバー内バッチ処理の速度が落ちてきた。

  • サーバーにログインさせていただいたうえで、ボトルネック箇所を調査し、Linuxサーバーや、Webサーバー(Apache, Nginx等)、DBサーバー(MySQL等)のチューニング方法やアプリケーション改修の要点をご提案いたします。
  • サーバースペックの増強(スケールアップ)、サーバー数の増加(スケールアウト)などによるサーバー構成の拡張をご提案もしくは設定いたします。
  • サーバーにログインせずに、一般的な改善方法をご提案することも可能です。

isdセキュリティを強化したい。

  • クラウドサービス特有の機能, ファイアウォール, SSH, Webサーバー, サーバー証明書, DBサーバー, メールサーバー, FTP/SFTP等のファイル転送, アンチウイルス等、適切なセキュリティ対策設定をご提案いたします。

isdサーバー担当者がいない。

  • サーバー監視・保守や、ご依頼に応じて、ユーザー追加、セキュリティ設定変更等のサーバー設定作業を行います。対応方針はご予算に合わせてご提案します。

isdプロフィール

代表:稲葉 一紀 (Kazunori Inaba)
北海道札幌市在住のサーバーインフラエンジニア。
詳細は プロフィールページ をご参照ください。

isd業務実績

業務実績ページ をご参照ください。

isd「新北海道スタイル」安心宣言

(2020年8月20日)

私、稲葉サーバーデザイン 稲葉 一紀は、「新北海道スタイル」に取り組みます。

  1. マスク着用や小まめな手洗いに取り組みます。
  2. 自身の健康管理を徹底します。
  3. 事務所内の定期的な換気を行います。
  4. 事務所内の設備、器具の定期的な消毒・洗浄を行います。
  5. オンライン会議の活用など、人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。
  6. 面談の際は、マスクの着用と手指の消毒をお願いします。
  7. 上記の取り組みをお知らせするために、当Webサイトに掲示しています。

 

MENU