CentOS 8のサポート期間短縮について

CentOSの終了について、個人的な見解を。
(経緯やそれぞれの製品、プロジェクトについて説明、解説するわけではありません。)

isdCentOSの終了

2020年12月8日、CentOS 8のサポート期限が、突然、「2029年5月末」から「2021年12月末」に変更されました。
CentOSも終了するとのこと。

・CentOS Project shifts focus to CentOS Stream – Blog.CentOS.org
https://blog.centos.org/2020/12/future-is-centos-stream/

昨年、お客様のいくつかのサーバーを、CentOS 6からCentOS 8にアップデートしたばかりです。
アップデートする際は、
「CentOS 7のサポート期限は2024年6月末ですので、CentOS 8のほうがいいですよ」
と、こちらからCentOS 8をおすすめしたので、これには参りました。

CentOS 8のサポート期限は2029年までと公開されていましたし、事前にはそのような兆候はなかったので、自分がCentOS 8を選択したこと自体は間違っていたとは思いません。
ですが、結果的にはお客様にご心配や、動作確認などの余計なお手間をおかけしてしまうのは、申し訳なく思います。

CentOS 8に限らず、OSSの世界では、こういうこともあり得るということですね。

「Ubuntuのほうがよい」「Ubuntuに移行する」という声もありますが、Ubuntuの無償サポート期間はリリース後5年ですので、以前のCentOSよりは短いです。
また、個人的には、前職で一度使ってみて、パッケージ管理まわりなどでよいイメージがないので、わざわざUbuntuに移行する必要はないと考えています。

isd稼働中のCentOS 8サーバーの対応

2021年2月頭の現時点では、既に稼働しているCentOS 8サーバーの対応として、以下の2つの選択肢のどちらかと考えています。

A. CentOS 8 Streamに移行する。
B. CentOSの後継新ディストリビューションに移行する。

A. CentOS 8 Streamに移行する。

CentOS.org(というかRedHat)が推奨する移行先ですね。
リポジトリを切り替えることで、同じサーバーのまま簡単に移行可能です。
RHELのマイナーリリースとして先行リリースされることについては、品質がよくないとは思えないのでさほど心配はしていません。
バグがある程度含まれることについては、RHELでもCentOSでも同じですし、Fedoraでのテストは通っているはずです。
ただ、今のところ、サポート期限は2024年5月末というのが痛いですね。
CentOS 7のサポート終了とほぼ同じ時期で、あと3年しかありません。

B. CentOSの後継新ディストリビューションに移行する。

今のところ、Rocky Linux や、Alma Linux がアナウンスされていますね。

・Rocky Linux
https://rockylinux.org/ja/

・Alma Linux
https://almalinux.org/

こちらも、CentOSからの移行ツールが提供される予定とのこと。
サポート期限は、Alma Linuxは2029年、と公表しています。
(Rocky Linuxは未発表?)

今のところ、サポート期限の点でB. が有力と考えています。
ディストリビューションについては、企業の買収や業績に振り回されなくない、という点で、CloudLinux社によるAlma Linuxよりは、「コミュニティ・ドリブン」と宣言している Rocky Linux のほうを使いたい気持ちはあります。
コミュニティだと資金に苦労するという点もありますが。

逆に、CentOS Streamのサポート期限が2029年なら、A.でよいです。

引き続き情報収集と、必要に応じて検証を行って、今年の7月、8月あたりには方針を決めたいと思います。

(参考)
・CentOSからCentOS Streamへ。CentOS終了の衝撃 – Qiita
https://qiita.com/yamada-hakase/items/1629d511ab4199d253b4

・Fedora/CentOS Stream/CentOS/RHELの関係性 – 赤帽エンジニアブログ
https://rheb.hatenablog.com/entry/202007-fedora-distribution
 

Follow me!