AWS認定ソリューションアーキテクトの再認定試験

2015年4月にAWS認定ソリューションアーキテクトを取得してから2年弱。
AWS認定は2年ごとに再認定を受ける必要があるため、先日再認定試験を受験し、合格しました。

・AWS認定 再認定試験
https://aws.amazon.com/jp/certification/recertification/

再認定試験で、僕が気になっていたポイントは次のことでした。

  • 試験の条件、内容は? → 初回受験の場合と同じ。
  • 受験費用は? → 初回受験の場合の半額。
  • 再認定の有効期間はどうなる? → 再認定日から2年。(初回認定日から4年ではないことに注意。)

初回受験のときと比べると勉強時間はすごく短かったのですが、そのときよりはAWSの経験値が上がっているせいか、正解率も上がりました。
とくに効率がよかったのは、初回受験後に帰宅してから自分で思い出して、調べて記録した「正解の自信がなかった問題と正解」の見直しです。

認定試験の内容は今後大きく変わる可能性もありますが、2年おきに再認定を受けるつもりならば、受験後は記憶の新しいうちに、気になった設問とその正解を調べておくとよいと思います。
試験問題はAWSがアーキテクトに知っていてほしい知識を問うわけですから、仮に再認定試験を受けなくても、AWSに関するスキルが向上しますので。

(関連記事)
・AWS認定ソリューションアーキテクトを取得しました。
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20150402/aws_solutions_architect_associate.html